子供ひとりの教育費はなんと2,000万円?!

子供が産まれて小さい間は旅行や外食と自由が効いても、だんだん教育費がかかるようになると家計のやり繰りが厳しくなります。

教育費は出て行く時期が決まっているものなので、なるべく早い段階からコツコツと貯めて行く必要があります。

公立へ行くか私立に行くかで教育費には天と地ほどの差が出ます。

また、自宅から近いところに通えば交通費はかかりませんが、定期代が高くなったり、寮生活や下宿となると、さらに出て行くお金は大きくなります。

けれどどんなケースにしても、最低1,000万円はかかります。
(最高は全部私立→医学部コースなどの3,800万円)


将来、どの段階で受験するか?どんな学校に通うか?なんてまだわからなくても構いません。

使わずに済んだ教育費はそのまま、親の介護費用や自分たちの老後に回せるのです。

お子さんが小さい人は今から賢く貯めて行きましょう。

もうすでにお子さんに教育費がかかっている人は、いろいろな制度を利用して、家計が厳しくならないように上手にやり繰りしましょう。

教育費って何を指すの?

一概に「教育費」と言っても、どこまで含めるのかははっきりと決まっている訳ではありません。

たとえば、子供が大学で下宿した時の食費や下宿代は、生活費ではあるものの、大学に通う上で必要なので、教育費に含めて考えることが多いです。

このように、新聞やニュースの情報を見る時にも、「教育費」が何を指しているのかをしっかりチェックして理解するようにすると良いでしょう。


ちなみに、教育費として挙げられる物には、以下のような項目があります。

入学金
授業料
施設利用料
課外授業料
遠足等積立金
給食代
PTA費
制服代その他
通学費
塾・習い事代

文部科学省の調査をもとに、考えられる項目の一部を挙げてみました。


文部科学省の調査をもとに、考えられる項目の一部を挙げてみました。

入学金や授業料などのはっきりとした費目以外にも、意外と忘れられがちなのが制服や体操着、上履きなど入学時に一式そろえる必要があるものです。

しかもこれらは学校指定であることも多く、金額が高いうえに一度に出て行くので、10万円前後の出費として予め計画に入れておくのが賢い貯め方です。

そんなに貯められるの?

子供ひとりあたりの教育費が2,000万円もかかるとしたら、3人子供がいる人は、「生活費も含めたら約1億円近くも貯めなきゃいけないの?」と驚かれるかもしれません。

子供をひとり育て上げるには、教育費以外のものも含めて約3,000万円はかかると言われますので、確かにそういう計算になります。


しかし、それを全部夫婦だけで貯めるわけではありません。

おじいちゃん、おばあちゃんからの援助を促す制度(教育資金贈与の特例など)が国によって進められています。

また、2012年の時点で、何らかの奨学金制度を利用している人が50%(半数)を超えたという統計が出ているように、奨学金の利用(本人による返済)が一般的になって来ています。

授業料無償化などの国の援助は今後も考えられますし、それほど悲観的になる必要はありません。

真面目にコツコツと働くのはもちろんですが、世の中の動き(制度の変更など)に敏感になり、制度や周囲の援助を上手に取り入れることが、これからの時代のスマートな教育費の貯め方です。

投稿日:2016年12月29日 更新日:

執筆者: