未分類

小学校の教育費

投稿日:2016年12月24日 更新日:

小学校の教育費はどれくらいかかるのでしょうか?

文部科学省が調査した平成22年度『子どもの学習費調査』結果によると、小学校の年間教育費(1年生~6年生までの全国平均)は以下のようになります。

 

学校教育費には、授業料のほかに、入学金や設備使用料、修学旅行費や遠足代、PTA会費や生徒会費、寄附金などが含まれます。

また、学校外活動費には、塾や家庭教師などの家庭内学習費や、スポーツや地域活動などの習い事のお金が含まれます。

 

授業内容や設備、遠足や修学旅行などは、公立よりも私立の方が環境に恵まれているため、学校教育費に差があります。

そしてその差は在学期間が6年間と長いため、15倍もの開きとなっています。

給食費はさほど差がありませんが、学校外活動費は私立の方が高く、総額では、私立小学校は公立小学校の4.8倍となっています。

 

公立と私立の6年間の総額を単純計算(全国平均×6)すると、こうなります。

公立  304,093円 × 6年間 = 1,824,558円
私立 1,465,323円 × 6年間 = 8,791,938円

 

子供が公立へ行くか私立へ行くかで、6年間に及ぶ学習費総額には相当の差が生じることを頭に入れておきましょう。

-未分類

執筆者:

関連記事

国の教育ローン

国の教育ローンは、日本金融政策公庫という財務省所管の特殊会社が行っています。 申し込みは、日本政策金融公庫 国民生活事業の各支店窓口(全国152店舗)で、1年中いつでもできます。 また、銀行や農協など …

奨学金を申請しよう

奨学金と言うと、私たち親世代は『あしなが基金』などが思い浮かぶのではないでしょうか? 今は大学生の半数以上が、何らかの奨学金を利用しているという調査結果が出ています。 教育費(進学資金)は学資保険で準 …

どうやって貯めるの?

そんな大金、どうやって貯めるの?! 子供ひとりあたりの教育費、しめて約2,000万円! そんな大金、どうやって貯めれば良いのでしょう? 転職情報サイト「DODA」の調査によると、こんな結果が出ています …

高校の教育費

高校の教育費はどれくらいかかるのでしょうか? 文部科学省が調査した平成22年度『子どもの学習費調査』結果によると、高校の年間教育費(1年生~3年生までの全国平均)は以下のようになります。   …

奨学金の利用と返済

奨学金の利用と返済について、ここでは、日本学生支援機構の奨学金について説明します。 奨学金の申し込みは、高校在学中は通っている高校を通して行います。 まずは担当の先生が誰かを確認しましょう。 申し込み …