未分類

受験にかかるお金

投稿日:2017年1月4日 更新日:

受験にかかるお金

受験にもいろいろあります。

小学校の受験は一般的に「お受験」と呼ばれ、ドラマにもなりました。

都内では中学受験が決して珍しいことではなく、むしろ高校から生徒を募集する学校が減って来て、高校受験の方が狭き門になりつつあります。

極端な話、慶応幼稚舎に入れるためにはどこそこの幼稚園に通うのが必須、となれば、幼稚園に入るのでさえ受験が必要です。

どの段階で受験するかで必要な費用は変わって来ますが、一般的なケースを見てみましょう。

中学校受験にかかるお金

小学校では最初から受験を視野に入れて塾に通う人ばかりではないので、中学受験にかかる費用をどこで分けるかがあいまいです。

そのため、ここでは6年生の1年間にかかる大手塾の費用を参考に見てみましょう。

もちろん受験には、塾通いの費用の他にも、面接用の洋服、書類提出時の諸費用、そして受験料がプラスされます。

受験料は1校2万円~3万円かかりますので、滑り止めも含め、10万円は見積もっておいた方が良いでしょう。

高校受験にかかるお金

上記でも触れましたが、私立高校ではほとんどが中学受験で生徒を募集するので、高校受験は公立がメインとなり、受験にかかる費用のデータは少ないです。

目安としては、年間の塾の費用が70万~90万円とされています。

またご参考まで、公立高校の受験料は私立と違い、5,000円強と安くなっています。

大学受験にかかるお金

大学受験の塾には、予備校形式の集団授業、映像視聴の個人授業、マンツーマンや少人数による授業など、授業の形式によって値段に大きく差が出ます。

目安としては、年間の塾の費用が70万~140万円辺りを考えておくと良いでしょう。

もちろん、医学部や理学部を目指す場合は費用も相当高くなるなど、志望先によってかなりの開きがあります。

受験料は中学受験と似たようなもので、私立の場合は1校約30,000円くらいです。

国公立受験の場合のセンター試験受験料は、2教科以下の受験で12,000円、3教科以上の受験で18,000円です。

 

なお、どの段階の受験に関しても、年度により変更もありますので、必ず詳細はお調べ下さい。

-未分類

執筆者:

関連記事

小学校の教育費

小学校の教育費はどれくらいかかるのでしょうか? 文部科学省が調査した平成22年度『子どもの学習費調査』結果によると、小学校の年間教育費(1年生~6年生までの全国平均)は以下のようになります。 &nbs …

いくら貯めればいいの?

教育費の合計は?いくら貯めればいいの? 子供の教育費の合計は、1人約2,000万円。さて、その内訳はどうなっているのでしょう? 実は教育費は、公立に通うか私立に通うかで雲泥の差があります。 つまり、幼 …

大学独自の奨学金

奨学金には、日本学生支援機構の他にも、企業や地方自治体などの様々な種類があります。 その中で、大学が独自で設けている奨学金制度について見てみましょう。   大学独自の奨学金制度の一例は以下で …

中学校の教育費

中学校の教育費はどれくらいかかるのでしょうか? 文部科学省が調査した平成22年度『子どもの学習費調査』結果によると、中学校の年間教育費(1年生~3年生までの全国平均)は以下のようになります。 &nbs …

学資保険以外で賄う方法

教育費を学資保険以外で賄う方法には、いくつかの案が考えられます。 株などの投資により資産を運用して行く方法、そして、親に低金利でお金を借りる方法など。 ほかにも、国の教育ローンや奨学金を利用する方法な …