未分類

中学校の教育費

投稿日:2016年12月25日 更新日:

中学校の教育費はどれくらいかかるのでしょうか?

文部科学省が調査した平成22年度『子どもの学習費調査』結果によると、中学校の年間教育費(1年生~3年生までの全国平均)は以下のようになります。

 

学校教育費には、授業料のほかに、入学金や設備使用料、修学旅行費や遠足代、PTA会費や生徒会費、寄附金などが含まれます。

また、学校外活動費には、塾や家庭教師などの家庭内学習費や、スポーツや地域活動などの習い事のお金が含まれます。

 

授業料が公立では無料な上、授業内容や設備、遠足などの環境が私立の方が恵まれているため、学校教育費に約7.5倍もの差があります。

一方で進学に関しては、私立の場合高校附属の学校が多いため、塾にかかる費用が公立ほど必要が無いことが、公立の方が学校外活動費が高い原因と考えられます。

 

公立と私立の3年間の総額を単純計算(全国平均×3)すると、こうなります。

公立  459,511円 × 3年間 = 1,378,533円
私立 1,278,690円 × 3年間 = 3,836,070円

 

総額を見ると、私立中学は公立中学の約2.8倍となっており、私立は1年間だけで公立の3年分とあまり変わりないほどの金額が出て行くことを覚悟しておかなければなりません。

-未分類

執筆者:

関連記事

日本学生支援機構

日本学生支援機構は、2004年4月に、『日本育英会』『国際学友会』『日本国際教育協会』『内外学生センター』『関西国際学友会』が合併し、独立行政法人として設立されました。 本部は神奈川県横浜市緑区にあり …

どうやって貯めるの?

そんな大金、どうやって貯めるの?! 子供ひとりあたりの教育費、しめて約2,000万円! そんな大金、どうやって貯めれば良いのでしょう? 転職情報サイト「DODA」の調査によると、こんな結果が出ています …

小学校の教育費

小学校の教育費はどれくらいかかるのでしょうか? 文部科学省が調査した平成22年度『子どもの学習費調査』結果によると、小学校の年間教育費(1年生~6年生までの全国平均)は以下のようになります。 &nbs …

学資保険は入るべき?

学資保険とは、主に教育資金準備を目的とした保険です。 学資保険は、その仕組みについてだいたい知られているかと思いますが、一応書かせて頂きます。 学資保険の契約者は親で、18歳や22歳などの満期時に満期 …

奨学金の利用と返済

奨学金の利用と返済について、ここでは、日本学生支援機構の奨学金について説明します。 奨学金の申し込みは、高校在学中は通っている高校を通して行います。 まずは担当の先生が誰かを確認しましょう。 申し込み …