未分類

幼稚園・保育園にかかるお金

投稿日:2016年12月23日 更新日:

教育費と言うと、中学くらいから始まる受験、それから入学の費用が思いつきますが、もちろん幼稚園や保育園でもお金が必要です。

平成25年現在、政府は幼児教育の無償化政策を進めていて、平成26年度から徐々にお金がかからなくなって行く予定ですが、習い事やその他、また小学校を受験するならなおのこと、ある程度の出費に備える心構えは持っておきたいものです。

イメージでは私立の幼稚園が一番高くつきそうですが、国からの補助があるので、実は保育園の方がトータルでは高くつくのです。

文部科学省が発表した平成21年度の政府予算ベースの推計では、親の負担は以下のようになっています。


●幼稚園、保育園の1人あたりの年間コスト


また、幼稚園ではママ友と呼ばれる親同士のつきあいも多く、交際費が別にかかることを覚悟しなければなりません。


文部科学省の統計調査である『子どもの学習費調査』の結果では、習い事など園外でかかる費用が公立幼稚園の場合で8万円強、私立幼稚園の場合では15万円にも及んでいます。

今、政府で進められている『幼稚園教育の無償化』がもし実現しても、習い事も含めたその他の支出は、決して安いものではないと言えます。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

小学校の教育費

小学校の教育費はどれくらいかかるのでしょうか? 文部科学省が調査した平成22年度『子どもの学習費調査』結果によると、小学校の年間教育費(1年生~6年生までの全国平均)は以下のようになります。 学校教育 …

no image

大学の教育費

大学在学中には、お金はどれくらいかかるのでしょうか? セールス手帖社保険FPS研究所が試算した平成22~23年のデータによると、大学在学中の教育費は以下のようになります。 子供が小さいうちは、将来どん …

no image

中学校の教育費

中学校の教育費はどれくらいかかるのでしょうか? 文部科学省が調査した平成22年度『子どもの学習費調査』結果によると、中学校の年間教育費(1年生~3年生までの全国平均)は以下のようになります。 学校教育 …

no image

学資保険は入るべき?

学資保険とは、主に教育資金準備を目的とした保険です。 学資保険は、その仕組みについてだいたい知られているかと思いますが、一応書かせて頂きます。 学資保険の契約者は親で、18歳や22歳などの満期時に満期 …

学資保険以外で賄う方法

教育費を学資保険以外で賄う方法には、いくつかの案が考えられます。 株などの投資により資産を運用して行く方法、そして、親に低金利でお金を借りる方法など。 ほかにも、国の教育ローンや奨学金を利用する方法な …