未分類

国の教育ローン

投稿日:2017年1月3日 更新日:

国の教育ローンは、日本金融政策公庫という財務省所管の特殊会社が行っています。

申し込みは、日本政策金融公庫 国民生活事業の各支店窓口(全国152店舗)で、1年中いつでもできます。

また、銀行や農協などでも取り扱いがある場合があり、公式サイトよりオンラインでも申し込むことができます。

 

融資額は学生1人あたり300万円までで、親の年収(所得)には以下の制限があります。

 

ただし、年収制限をクリアしても、必ずしも融資がおりるとは限りません。

勤務状況、他の借り入れ状況、住宅ローンや公共料金の返済や支払い状況などから総合的に判断されるので、過去に住宅ローンの返済が何回か滞ってしまったり、公共料金の引き落としが残高不足でできなかったなどの経緯があると、審査で落とされる可能性が高いです。

日本学生支援機構の奨学金と比べた国の教育ローンのメリットとデメリット

国の教育ローンのメリット

・融資実行が早い
申し込みをしてから結果が出るまで10日間程度、実際にお金が口座に振り込まれるのはそれから
1週間ほど(入学シーズンを除く)

・申込者になれる範囲が広い
親だけでなく、6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族が申し込みできる

・一括で大金を手にできる
毎月融資を受ける奨学金と違い一時に融資を手にできるので、入学時などの大金が動く時期に最適

・1年中申し込み可
入学後に融資がおりる奨学金や満期が決まっている学資保険と違い、早い時期に申し込みできるので、推薦合格やAO合格などに有利

国の教育ローンのデメリット

・審査が厳しい
年収制限の条件をクリアしていても、実際に融資がおりないケースも多い

・在学中も利息分の返済が必要
元金自体は在学中は据置き可能でも、利息だけは返済しなければならない

・返済義務者が親
申込者(返済義務者)が親なので、老後資金を準備する厳しい環境下で返済しなければならない

-未分類

執筆者:

関連記事

大学独自の奨学金

奨学金には、日本学生支援機構の他にも、企業や地方自治体などの様々な種類があります。 その中で、大学が独自で設けている奨学金制度について見てみましょう。   大学独自の奨学金制度の一例は以下で …

受験にかかるお金

受験にかかるお金 受験にもいろいろあります。 小学校の受験は一般的に「お受験」と呼ばれ、ドラマにもなりました。 都内では中学受験が決して珍しいことではなく、むしろ高校から生徒を募集する学校が減って来て …

小学校の教育費

小学校の教育費はどれくらいかかるのでしょうか? 文部科学省が調査した平成22年度『子どもの学習費調査』結果によると、小学校の年間教育費(1年生~6年生までの全国平均)は以下のようになります。 &nbs …

中学校の教育費

中学校の教育費はどれくらいかかるのでしょうか? 文部科学省が調査した平成22年度『子どもの学習費調査』結果によると、中学校の年間教育費(1年生~3年生までの全国平均)は以下のようになります。 &nbs …

幼稚園・保育園にかかるお金

教育費と言うと、中学くらいから始まる受験、それから入学の費用が思いつきますが、もちろん幼稚園や保育園でもお金が必要です。 平成25年現在、政府は幼児教育の無償化政策を進めていて、平成26年度から徐々に …